コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラカルパク族 カラカルパクぞくKarakalpak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラカルパク族
カラカルパクぞく
Karakalpak

ウズベキスタン,カラカルパク自治共和国の主要構成民族で,ウズベキスタンにおける総人口約 42万。ほかにアフガニスタン,イラン北西部,トルコ東部にも居住する。カラカルパク語はチュルク諸語のキプチャク語群に属する。形質的にはコーカソイドモンゴロイドの混交した特徴が認められており,アラル海沿岸のステップに活躍したサカ,フン,チュルクペチェネグオグズなどの古代民族との系譜が明らかにされている。かつては灌漑農業と牧畜を営む半定着民で,イスラム教を奉じ,社会生活や家族内においては家父長的な色彩が強かったが,今日では,社会や文化は著しく変貌している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラカルパク族の関連キーワードチュルク語系諸族

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android