コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灌漑農業 かんがいのうぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

かんがいのうぎょう【灌漑農業】

農作物の生育を安定させ,農業経営の合理化をはかるために,乾燥地域あるいは年間の降雨の分布が均一でない地域の耕地に,組織的に水を供給して行う農業。エジプトメソポタミアなどでは有史以前から行われている。1980年ころには,インド,中国,ソ連,アメリカをはじめ約120ヵ国で実施されており,その面積は世界全体の耕地面積の十数%にあたる2億ha以上に達している。そのうちの70%以上がアジアで,その大部分水稲栽培の行われている水田である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

灌漑農業の関連キーワードサンルイスリオコロラドシウダード・オブレゴンベーカーズフィールドパラクラマサムドラマランビジー[川]アイダホフォールズクラアラクス低地フォートコリンズブリガムシティービッグホーン山脈ファイサラバードディーワーニーヤティグリス[川]キンバリー台地ノガイステップエルセントロゴドイクルスカサグランデバーデキン川アシュムーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android