コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラクール種 カラクールしゅKarakul

翻訳|Karakul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラクール種
カラクールしゅ
Karakul

中央アジアと北アフガニスタンの間にあるボークハウ地方原産の毛皮用羊。脂肪尾種で尾の重量は 2.3~2.7kgに達するものもある。成体被毛はあらく,灰褐色でおもにカーペット用。生後5日以内のものは毛皮が黒く,軽く,毛がちぢれて光沢があり,アストラカンといって珍重される。生後 10日ぐらいになると毛が伸びて変色してしまうので,アストラカンにはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カラクール種の関連キーワードカラカルパク自治共和国ケートマンスホープケートマンスフープクルガンチュベ州トルクメニスタンウズベキスタンクジル・オルダサマルカンド州カシカダリヤ州アストラハンカザフスタンホレズム州レバップ州チムケント中央アジアナミビアブハラ州マルイ州ナミベ州マイマナ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android