コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カラシン科 カラシンかCharacidae; characins

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カラシン科
カラシンか
Characidae; characins

魚類の分類,カラシン目の一科。多くは体長 3cm以下であるが,1mぐらいになるものもある。アメリカ合衆国テキサス州南西部,メキシコ,中央・南アメリカに分布する。外形はコイ目コイ科 Cyprinidaeに似ているが,顎に歯が発達しており,脂鰭をもっている。ネオンテトラなど数多くの観賞魚を含む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカラシン科の言及

【熱帯魚】より

…また卵生メダカ類のライアテールやパンチャクス,ノトブランキウスの仲間も,美しくてよい魚だが飼育はむずかしい。(1)カラシン科Characidae メキシコから中南米にかけての新大陸とアフリカに分布し,小型で美しい種類が多い。コイ科に似ているが,ひげはなく,背びれの後方にあぶらびれをもつものが多い。…

※「カラシン科」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カラシン科の関連キーワードレッドフック・ミュレウスひかりクレストカラシンレッドアイピラニアタイガーフィッシュメクラウオピラニア熱帯魚盲目魚

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android