カラ・ヤズジュの乱(読み)カラヤズジュのらん

世界大百科事典 第2版の解説

カラヤズジュのらん【カラ・ヤズジュの乱】

16世紀末から17世紀初め,アナトリアで頻発した農民反乱のうち最大のもの。そのころ,オスマン帝国のティマール(軍事封土)制の動揺に伴い,地方有力者の国有地簒奪,重税,治安の乱れが慢性化し,このため土地を追われた農民遊牧民は,近衛騎兵(シパーフ)出身のカラ・ヤズジュKara Yazıcıを指導者として,1598年南東アナトリアのマラシュ近郊で蜂起,アナトリア中央部を制圧する勢いをみせた。カラ・ヤズジュの急死により反乱軍は四散したが,農民反乱は各地に続発し,アナトリアは荒廃した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android