コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治安 ちあん

7件 の用語解説(治安の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

治安
ちあん

警察,軍隊などの強制力によって反乱や暴動などの社会的混乱を鎮圧し,さらに殺人,強盗,放火などの犯罪を取締ることによって国家社会の安寧秩序を保つこと。治安は社会生活上欠くことのできない重要な国家機能の一つであるが,反面,支配層がみずからの支配を維持し,反抗者を弾圧するために政治的に利用することがあり,警察力発動の根拠として治安の名が乱用されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じあん〔ヂアン〕【治安】

平安中期、後一条天皇の時の年号。1021年2月2日~1024年7月13日。

ち‐あん【治安】

世の中が治まって安らかなこと。社会の秩序・安寧が保たれていること。「治安を維持する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じあん【治安】

年号(1021.2.2~1024.7.13)。寛仁の後、万寿の前。後一条天皇の代。

ちあん【治安】

〔古くは「じあん」とも〕
国家・社会の秩序や安全がよく保たれていること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

じあん【治安】

日本の元号(年号)。平安時代の1021年から1024年まで、後一条(ごいちじょう)天皇の代の元号。前元号は寛仁(かんにん)。次元号は万寿(まんじゅ)。1021年(寛仁5)2月2日改元。1021年は天命が改まる年(王朝が交代する革命の年)とされる辛酉(しんゆう)にあたることから、応和(おうわ)の改元の先例にならって行われた(辛酉改元)。『漢書(かんじょ)』を出典とする命名。◇「ちあん」とも読む。

ちあん【治安】

⇒治安(じあん)

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

治安の関連キーワード永長応保嘉応嘉承嘉保久安康治昌泰天元天徳

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

治安の関連情報