蜂起(読み)ほうき

精選版 日本国語大辞典「蜂起」の解説

ほう‐き【蜂起】

〘名〙
① 大勢の者がさかんに言いたてること。鋒起
※懐風藻(751)釈智蔵伝「臨於試業〈略〉辞義峻遠、音詞雅麗。論雖、応対如流」
② 多くの者が一斉に暴動をおこすこと。
※後二条師通記‐寛治七年(1093)一〇月一〇日「参殿、令御表給、天台山并興福寺大衆蜂起、仍令奉之故也」
※太平記(14C後)二六「遠国又蜂起(ホウキ)しぬと告ければ」 〔史記‐項羽本紀〕
③ 中世、寺院で行なわれた僧の集会。祓(はら)えや清めにかかわって行なわれ、特に人に罪を科する時、あるいは赦免する時に開かれた。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)諸会篇本「即大衆蜂起可尋常之由同及沙汰

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「蜂起」の解説

【蜂起】ほうき

蜂が一時に飛びたつように一斉に起こる。〔史記、項羽紀論賛〕(そ)れ、其のを失ひ、陳(はじ)む。豪し、相ひ與(とも)に竝び爭ふこと、(あ)げて數ふべからず。

字通「蜂」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android