カリーヌ ロワトフェルド(英語表記)Carine Roitfeld

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
編集者 「CR Fashion Book」編集長 元「ヴォーグ」編集長

国籍
フランス

生年月日
1954年9月19日

出生地
パリ

経歴
父親はロシア人の映画プロデューサー。18歳の時にスカウトされ、モデルとしてデビュー。その後、スタイリストを経て、20代でファッション誌「ELLE」のエディターとなる。トム・フォードと出会い、グッチやイヴ・サン・ローランコンサルタントを経て、2001年から10年間フランス版「ヴォーグ(VOGUE)」編集長を務める。“ポルノシック”というファッションスタイルを確立し、今世紀最大のファッショニスタと言われるほどファッション界において絶大な影響力を持つ。2010年12月に編集長を辞任後、ハーパーズバザーのグローバル・ファッション・ディレクター就任。また、2012年59歳にして自身のイニシャルを冠した新雑誌「CR Fashion Book」を創刊。2014年自らの雑誌を創刊する過程を追ったドキュメンタリー映画「マドモワゼルC〜ファッションに愛されたミューズ〜」(ファビアン・コンスタン監督)が公開される。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android