カルタヘナ宣言(読み)カルタヘナせんげん(英語表記)El Manifesta de Cartagena

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1812年ラテンアメリカ独立運動の指導者 S.ボリバルが,コロンビアカルタヘナで発表した宣言。同年7月第1次ベネズエラ共和国が崩壊し,スペイン植民地各地の独立運動もまた敗退を重ねているとき,より徹底した反スペイン闘争を宣言,大陸各地の連帯などを呼びかけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のカルタヘナ宣言の言及

【ボリーバル】より

…11年7月ベネズエラは独立を宣言し,ボリーバルは独立軍の将校となった。12年7月ミランダの妥協でベネズエラが再び本国の支配下におかれるや,ボリーバルはコロンビアのカルタヘナに行き,そこで彼の政治思想の最初の表明である〈カルタヘナ宣言〉を発表し,内部の不統一と弱体な政府が敗因であると分析した。ボリーバルが軍人としての傑出した才能を発揮するのはこのころからで,ベネズエラ解放軍の司令官となり,スペイン軍との激しい戦闘の末カラカスを奪回し,〈解放者〉の称号を贈られた。…

※「カルタヘナ宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android