宣言(読み)せんげん

精選版 日本国語大辞典「宣言」の解説

せん‐げん【宣言】

〘名〙 広く一般にむかっていうこと。個人や団体などが、その意思・意見・方針などを、広く外部に表明すること。また、そのことば。
※日本外史(1827)三「既而宣言、頼家与忠常己」
※日本国憲法(1946)前文「ここに主権が国民に存することを宣言し」 〔史記‐蔡沢伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宣言」の解説

せん‐げん【宣言】

[名](スル)個人・団体・国家などが、意見・方針などを外部に表明すること。また、その内容。「国家の独立を宣言する」「人権宣言」「宣言書」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宣言の言及

【国際法】より

…つまり,国際機構が国家あるいは他の国際機構と締結する文書による合意も,今日では条約と考えられている。 条約には,日米安全保障条約のように〈条約treaty〉という呼称のついたものもあれば,協定agreement,憲章charter,規約covenant,規程statute,取極(とりきめ)arrangement,交換公文exchange of notes,議定書protocol,宣言declarationなどの異なった呼称のついたものもある。いずれも,国際法主体間の公式の文書による合意であれば,条約であることに変りはない。…

※「宣言」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android