コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2次英米戦争 だいにじえいべいせんそう

百科事典マイペディアの解説

第2次英米戦争【だいにじえいべいせんそう】

1812年―1814年の英米間の戦争。1812年戦争とも。英国の米国海運の妨害や北西部インディアンとの結びつきに対する反感から,米国が宣戦。米国は劣勢であったが,ヨーロッパでの対ナポレオン戦争に疲れた英国も戦争継続を望まずガン条約講和が成立,北東部国境画定などを決定。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だいにじえいべいせんそう【第2次英米戦争】

1812年アメリカとイギリスの間で起こった戦争。英米戦争とも呼ぶが,アメリカでは〈1812年戦争The War of 1812〉という。1793年以降,特にナポレオンの時代の英仏間の戦争に際し,アメリカの海上貿易は中立国の立場を利用して大いに繁栄した。同時に英仏両国がアメリカ商船の航行の自由を侵害する事件も頻発した。アメリカ政府は1807年,自国船の出港を禁止するなど中立維持に努めた。しかし1801年以来の与党リパブリカンズは元来,親仏的だった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の第2次英米戦争の言及

【カナダ】より

… 19世紀前半のイギリス領北アメリカ植民地は,経済的発展とそれに伴う住民の政治的意識の成長で特徴づけられるといえよう。アメリカにおいて第2独立戦争とみなされた1812年戦争(第2次英米戦争)の,陸上における主戦場はアッパー・カナダであったが,戦争はアメリカから移住した人びとの反米意識を強化した。同時に彼らはイギリスに対して植民地政治の民主化を要求した。…

【大西洋】より

… 南・北を問わず〈大西洋文化圏〉の結びつきが比較的弱くなかったのは,ヨーロッパがナポレオン戦争で混乱した時代である。1812‐14年の第2次英米戦争は,合衆国がイギリスからの経済的自立を達成する最初の契機となった。この傾向は1861年にはじまる南北戦争の遠因ともなり,また南北戦争によって決定的に強められもする。…

【ローエル】より

…1810年イギリス旅行のおり,目のあたりに見た産業革命の成果,なかんずく木綿工場で稼働する力織機の威力に感動し,それをアメリカに導入しようと考えた。機械類の輸出禁止という法の目をくぐるため,力織機のメカニズムを記憶し12年に帰国,おりから勃発した第2次英米戦争による貿易途絶という状況の中で,粗綿布の大量生産を目的とする企業を創設した。ウォルサムに建設された工場では,彼の記憶をもとに復元された力織機が設置され,効率を高めるため紡績と織布の両工程が統合されたほか,規律正しい寄宿舎制度によって女工の品位を保つよう配慮がなされていた。…

※「第2次英米戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

第2次英米戦争の関連キーワードジャクソニアン・デモクラシーマンモス・ケーブ国立公園ハートフォード会議アメリカ国会議事堂ホワイト・ハウスジャクソンウィンザーローエルハリソン

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android