コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルタミナル Kalta Minor

デジタル大辞泉の解説

カルタ‐ミナル(Kalta Minor)

ウズベキスタン西部、ホラズム州の都市ヒバにある尖塔。イチャンカラ内城)と呼ばれる旧市街に位置する。19世紀半ば、ヒバハン国ムハンマドアミン=ハンの命により着工。高さ100メートル以上を目指したが、自身が戦死したために高さ26メートルで建設が中断された。基部の直径は約14メートル。鮮やかな青の色釉タイルで装飾されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android