コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルテシアン空間 カルテシアンくうかんCartesian space

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルテシアン空間
カルテシアンくうかん
Cartesian space

デカルト空間ともいう。特にこの空間に距離を定義するとき,それをユークリッド空間というが,両者は同義的に用いられることもある。近代数学では,空間というとき,距離や近傍が定義されるような対象の任意の集りを表わすからである。一般に n 個の数の組 (x1x2,…,xn) を点と考えるとき,このような点の集りを n 次元カルテシアン空間という。ここで2点 P1(x1x2,…,xn),P2(y1y2,…,yn) の距離 d(P1,P2) を,各座標成分の差の2乗の和の平方根によって定義するとき,この空間を n 次元ユークリッド空間という。カルテシアン空間の座標は,一般には斜交座標であるが,上述のように距離を定義した場合は,直交座標をとっていることを意味する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カルテシアン空間の関連キーワード平方根X2

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android