コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

斜交座標 シャコウザヒョウ

デジタル大辞泉の解説

しゃこう‐ざひょう〔シヤカウザヘウ〕【斜交座標】

座標軸が斜めに交わっている座標直角に交わる場合は直交座標となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

斜交座標【しゃこうざひょう】

デカルト座標とも。平面上の一定点(座標原点)Oを通り,向きのついた2本の直線OX,OY(座標軸)を引き,平面上の任意の点PからOY,OXに平行な直線を引き,OX,OYとの交点をそれぞれQ,Rとする。
→関連項目円柱座標デカルト座標

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

斜交座標
しゃこうざひょう

デカルト座標」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の斜交座標の言及

【座標】より

…もっともよく用いられる平行座標系は,両座標軸が直角に交わり,OIとOJの長さが平面上の長さの単位に等しいもので,これを直交座標系orthogonal coordinatesと呼んでいる。これに対し一般の平行座標系を斜交座標系skew coordinatesという。直交座標系では両座標軸の正の向きは,x軸を原点Oのまわりに時計の針のまわる向きと反対の向きに90度回転したときに,x軸の正の向きとy軸の正の向きが一致するように選ばれているのが通常である。…

※「斜交座標」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

斜交座標の関連キーワードカルテシアン空間アフィン幾何学基本ベクトル空気調和座標系