カレン・ジョイ ファウラー(読み)カレンジョイ ファウラー(英語表記)Karen Joy Fowler

現代外国人名録2012の解説

カレン・ジョイ ファウラー
カレンジョイ ファウラー
Karen Joy Fowler


国籍
米国

専門
作家

生年月日
1950

出生地
インディアナ州ブルーミントン

学歴
カリフォルニア大学バークレー校(政治学)卒

経歴
30歳で作家になることを決意し、カリフォルニア大学デービス校で創作のクラスを受講。やがてSF小説を発表し始め、1986年短編集「Artificial Things」で注目される。短編小説「What I Didn’t See」(2003年)でネビュラ賞を受賞。他にSFでネビュラ賞に2度、ヒューゴー賞に2度ノミネートされる。また、ファンタジー「Black Glass」で’99年世界幻想文学大賞受賞、文芸小説「Sister Noon」でPEN/フォークナー賞にノミネート。2004年に出版された「ジェイン・オースティンの読書会」は熱烈な賛辞を受け、「ニューヨーク・タイムズ」のフィクション・ベストセラーリストに載ったほか、ロビン・スウィコード監督で映画化された。

受賞
ヒューゴー賞(キャンベル賞)〔1987年〕;世界幻想文学大賞(短編集)〔1999年〕「Black Glass」;ネビュラ賞(短編)〔2003年〕「What I Didn’t See」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android