カンアオイ(寒葵)(読み)カンアオイ(英語表記)Heterotropa nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンアオイ(寒葵)」の解説

カンアオイ(寒葵)
カンアオイ
Heterotropa nipponica

ウマノスズクサ科の常緑多年草。関東,中部地方の山地の樹下に生える。はきわめて短く,分枝が多い。分枝した茎先に毎年葉と花を1個ずつつける。葉は長さ6~10cmの広卵形で基部は心臓形になる。色は濃緑色でときに白斑,白脈があり,暗紫色の長い葉柄がある。花は鐘形で 10月~2月に,なかば地面に接して咲く。花弁はなく,3個の肉質のが下半部で癒合してをつくり,色は暗紫色内面に網目模様がある。この仲間はタマノカンアオイ,ヒメカンアオイ,ミヤコアオイなど日本に 20種あまりある。ギフチョウの食草として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「カンアオイ(寒葵)」の解説

カンアオイ【カンアオイ(寒葵) Heterotropa nipponica (F.Maek.) F.Maek.】

観賞用に栽植されるウマノスズクサ科の常緑多年草。短縮し分枝した茎の先端から1~2枚の葉を出し,株をつくり群がる。葉はやや肉厚,ほこ形卵形で長さ6~10cm,全体が濃緑色のものや,いろいろな形の斑紋の発達したものがあり,多彩である。葉柄は紫色を帯びるが,色素をなくした緑色のものもある。葉間から,短い花梗をつけた花をつける。花被は3枚で,基部は合着し,完全な円筒をつくり,上部は3裂し開出する。筒状部の内壁には通常9本のに通る突出したしわと,それを階段状につなぐしわを有する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android