コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンスク Kansk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンスク
Kansk

ロシア中東部,東シベリアクラスノヤルスク地方の都市。クラスノヤルスクの東約 190kmにあり,エニセイ川支流カン川にのぞむ。 1640年要塞として建設された。西方のアチンスクへかけて広がる炭田地帯の中心地で,綿織物,製紙用機械・設備,食品 (乳製品缶詰) ,木材加工などの工業がある。クラスノヤルスク-タイシェト間のシベリア横断鉄道とハイウェーが通る。人口 10万 9900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンスクの関連キーワードBLOOD THE LAST VAMPIREフランシス・ブリッグス テニーシルベスター スタローン高等学校等就学支援金アメリカンスクールトム ストッパード中央シベリア高原ザオジョルヌイ畑井 小虎三鷹(市)橋本みのり一藤木浩恭黒田 美治堀ひろこナザロボ太田詩音

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android