コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンダギリ・ウダヤギリ Khaṇḍagiri,Udayagiri

世界大百科事典 第2版の解説

カンダギリ・ウダヤギリ【Khaṇḍagiri,Udayagiri】

東インド,オリッサ州ブバネーシュワルの南西約6kmの相接する二つの丘カンダギリ(南西,15の石窟と19世紀初期再建の石積寺院)とウダヤギリ(北東,18の石窟と頂上に後円の石積寺院址)にあるジャイナ教遺跡。ウダヤギリ第14窟にあるカーラベーラ王の刻文は前1世紀末期と考えるのが有力で,おもな石窟はそれから2世紀ころまでに掘られた。ウダヤギリ第1・3・9・10窟,カンダギリ第3窟などの正面廊壁面上部の浮彫は,柔らかで動きのある人体表現を特色としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone