コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンティーガ cantiga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンティーガ
cantiga

13世紀スペインの抒情歌曲アルフォンソ 10世が編纂させた歌曲集『聖母マリアのカンティーガ集』が最も有名。そのなかには四百余曲が収録されており,内容はほとんどが聖母マリアの賛歌で,ガリシア方言によって書かれている。旋律は多くの点でフランスのトルバドゥールの歌曲に類似している。また写本の挿絵には当時の楽器が描かれ,中世楽器史の貴重な資料でもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カンティーガの関連キーワード中世ヨーロッパの音楽

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android