コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンプス・マルチウス カンプス・マルチウスCampus Martius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンプス・マルチウス
Campus Martius

マルスの野」と訳される。ローマ郊外チベル (現テベレ) 川流域の野。本来牧場でポメリウムの外にあり,軍隊の教練や兵員会のために使用された。初期にマルスの祭壇が設けられたところからこの名称が生じた。共和政期にもポンペイウス (大ポンペイウス) の劇場や諸神殿が建立され,帝政期にはアウグスツスの霊廟,パンテオンマルケルス劇場などが建てられ,次第に広場をうずめた。最後に全域はアウレリアヌス城壁の内に含まれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カンプス・マルチウスの関連キーワードアラ・パキスの祭壇

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android