コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンボジア包括和平 カンボジアほうかつわへい

1件 の用語解説(カンボジア包括和平の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンボジア包括和平
カンボジアほうかつわへい

国連の監視下でカンボジア紛争を完全に解決すること。 1978年 12月のベトナムによるカンボジア侵攻に端を発したカンボジア紛争は,背景に中ソ対立,中越対立があるため,長期泥沼化した。しかし冷戦の終結,中ソ和解などの環境激変が和平への契機となり,国際的にはベトナム撤退や反ベトナムゲリラへの中国の軍事援助停止,国内的には内戦停止から総選挙を通じた新生カンボジアの再建という包括的政治解決が模索されるにいたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カンボジア包括和平の関連キーワードカンボジアカンボジア語民主カンボジア国連カンボジア暫定統治機構国際連合カンボジア暫定統治機構UNTACSNC日本のカンボジア支援自衛隊のカンボジアPKOカンボジア王国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone