コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カーメット山 カーメットさんKāmet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カーメット山
カーメットさん
Kāmet

インド北部,ウッタルプラデーシュ州北西部,中国との国境近くにある山。標高 7756m。ヒマラヤ山脈中ガルワール山群第2の高峰。西斜面の氷河はガンジス川の上流であるアラクナンダ川などの源流をなす。 1931年6月,F.スマイス,E.シプトンなどのイギリス隊が初登頂。同山の東西 250kmの間には 20をこすヒマラヤ越えの峠があるが,62年の中国とインドの国境紛争により全面的に閉鎖されていた。しかし,92年に一部が開放され,中印貿易が再開された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android