コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールスルーエ城 カールスルーエジョウ

デジタル大辞泉の解説

カールスルーエ‐じょう〔‐ジヤウ〕【カールスルーエ城】

Schloß Karlsruhe》ドイツ南西部、バーデン‐ビュルテンベルク州の都市、カールスルーエにある城。1715年、バーデン辺境伯カール=ウィルヘルムにより、フランスのベルサイユ宮殿を模して建造。現在は州立博物館になっている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

カールスルーエ城の関連キーワードカールスルーエSTNZKM文化社会学化学情報協会アウグストゥスブルク宮殿ウィルヘルムスヘーエ城ウェルニゲローデ城エステルハージ宮殿エステルハージ城

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android