コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィルヘルム Wilhelm

翻訳|Wilhelm

大辞林 第三版の解説

ウィルヘルム【Wilhelm】

(一世)(1797~1888) プロイセン王。初代ドイツ皇帝(在位1871~1888)。ビスマルクを起用して議会をおさえ、軍国主義を強化。普墺ふおう戦争に勝って北ドイツ連邦を組織、普仏戦争の勝利でドイツ統一を達成し皇帝に即位。
(二世)(1859~1941) ドイツ皇帝(在位1888~1918)。一世の孫。海軍拡張・三 B 政策・三国干渉・モロッコ事件などで国際緊張を激化させ、第一次大戦を招いた。ドイツ革命で退位しオランダに亡命。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウィルヘルム
Wilhelm zu Wied

[生]1876.3.26. ノイウィート
[没]1945.4.18. プレデアル
アルバニア大公 (在位 1914) 。ドイツの出身。 1913年ロンドン大使会談においてオーストリア=ハンガリー帝国の提案でアルバニア大公に指名された。 14年3月7日ドゥルラスに到着,トルハン・パシャを首班とする政府を組織。しかし国内では封建領主が外国勢力の支持のもとに割拠し,政府の支配はドゥルラスとその近郊に限定された。農民反乱の拡大,エサド・パシャによるウィルヘルム反対運動などが起り,9月4日国外に逃亡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ウィルヘルムの関連キーワードフリードリッヒ・ウィルヘルム(1世)フリードリヒ・ウィルヘルム(4世)ウィルヘルム プフェッファーフリードリッヒ・ウィルヘルムカイザーウィルヘルム記念教会ウィルヘルム・マイスターマックス・プランク協会ラドウィグ プラントルクリューガー電報事件ウイルヘルム(2世)ウィルヘルム[1世]フリードリヒ[2世]ウイルヘルム(1世)ヴィルヘルム(1世)ヴィルヘルム(2世)ゴールトシュミットウィルシュテッターウィリアム・テルカイザー(皇帝)ウィリアム=テル

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウィルヘルムの関連情報