コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

文化社会学 ぶんかしゃかいがく cultural sociology

4件 の用語解説(文化社会学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

文化社会学
ぶんかしゃかいがく
cultural sociology

1920年代にドイツにおいて提唱された社会学。その特徴は社会学の対象を社会関係の形式に限定することなく,社会関係の内容をなす文化形象 (広く経済,政治,法律などを含む) を主要な対象としたところにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぶんか‐しゃかいがく〔ブンクワシヤクワイガク〕【文化社会学】

文化を対象とする社会学。第一次大戦後のドイツで形式社会学を批判しておこったもので、社会現象の内容としての文化を研究対象とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ぶんかしゃかいがく【文化社会学】

文化の諸現象を対象とする社会学。ドイツでは形式社会学に対する批判から出発し、文化現象の歴史性や文化的内容を扱う。またアメリカでは、人類学と結びつき、文化の客観的性格が主に扱われる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

文化社会学
ぶんかしゃかいがく
cultural sociology英語
Kultursoziologieドイツ語

文化社会学には三つの異なる立場があるが、それらを社会学における文化概念の三つの定義に対応させて説明しよう。(1)文化を人間の行為や生活として社会と同じ広がりをもつとする広義の定義、(2)社会を形式とし、文化を内容とする狭義の考え、(3)物質文化を文明とし、精神文化を文化とする最狭義の考え、以上の分類である。[亀山佳明]

アメリカ文化社会学

(1)の定義にたつのは、1920年代に心理学的社会学への批判としておこったアメリカ文化社会学であり、おもに文化人類学の文化概念に依拠していた。W・F・オグバーン、ハンキンズF.H.Hankins、W・I・トマスらが担い手であった。彼らは、社会現象の諸変化は心理的要因や生物的要因によってではなく、社会の歴史的・文化的要因から説明されなくてはならないと考えた。たとえばオグバーンの社会変動論は次のようであった。彼は文化を物質的文化と非物質的文化とに大別し、文化の主要な特徴である蓄積が行われるのは物質文化であるとした。物質文化への適応の仕方を決めるのが適応文化であるが、これは非物質文化に属している。物質文化が急速に進化するのに対して、非物質文化の変化は緩慢であり、そのためこの両文化の間には不調和が生じやすくなる。オグバーンは、物質文化に対する非物質文化の遅れを文化遅滞cultural lagと名づけた。[亀山佳明]

ドイツ文化社会学

(2)の立場には、1920年代ドイツを中心に、M・シェラー、A・ウェーバー、K・マンハイムなどを主体としたドイツ文化社会学がある。彼らはワイマール体制の社会変動の激しい時代を背景に、従来のジンメルやウィーゼによる形式社会学に異を唱えた。形式社会学は、その対象を、内容から抽象された「社会化の形式(心的相互作用)」に限定したため、歴史性や文化的内容を欠落させていた。A・ウェーバーらは、こうした形式社会学の非現実性を批判し、内容としての文化、すなわち政治、法律、経済、芸術などを社会学の対象とすることで、社会学に現実性と実践性、歴史性と総合性とを回復しようと企てた。
 たとえばシェラーは、社会学を実在社会学と文化社会学とに分け、実在社会学は人間の三つの本能(性、力、食)に対応した種族、権力、経済という社会の下部構造をその対象とするのに対して、文化社会学は理念を目ざす精神によって創造される宗教、哲学、科学、芸術という上部構造を対象とすべきだと考えた。彼は、上部構造は下部構造によりその動きを左右されはしても、その内容までをも決定されることはないとした。また、A・ウェーバーは、社会的・歴史的現実を、社会過程、文明過程、文化過程の三つから構成されるとし、それぞれが独自性をもつとともに、これら三者が動的、静的に相互に連関しあっていると述べた。先のシェラーの用語から明らかなように、ドイツ文化社会学は他方で、当時ドイツで隆盛となりつつあったマルクス主義への関心を強くもち、それとの対決の姿勢をも有していた。この点をもっとも顕著に示しているのがマンハイムの知識社会学であった。[亀山佳明]

第三の文化社会学

(3)の立場は、社会の観念的な上部構造をなしている諸現象を研究対象とする知識社会学、宗教社会学、芸術社会学、音楽社会学、文学社会学などの特殊社会学を総称するときに使用される。
 通常、文化社会学といわれるのは(2)のドイツ文化社会学をさす場合である。[亀山佳明]
『D・マーチンデール著、新睦人他訳『現代社会学の系譜』(1974・未来社) ▽W・オグバーン著、雨宮庸蔵他訳『社会変化論』(1944・育英書院) ▽飯島宗享他訳『社会学および世界観学論集』上下(『シェーラー著作集9・10』1977、78・白水社) ▽A. Weber Ideen zur Staats und Kultursoziologie (1927, Junker und Dnnhaupt,Karlsruhe)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

文化社会学の関連キーワード飛鳥文化精神文化文化の日戎夷文化的文化水準文化の家《文化の型》文化の宮殿文化の露寇

文化社会学の関連情報