カールズバード洞窟群国立公園(読み)カールズバードどうくつぐんこくりつこうえん

百科事典マイペディアの解説

アメリカ合衆国ニューメキシコ州にある国立公園。公園内には約80の石灰岩洞窟があり,中でもカールズバード洞窟の長さは世界有数である。1923年ナショナル・モニュメントに指定され1930年には国立公園に指定された。石筍石柱など見事な生成物が洞窟内を構成している。約100万匹のメキシコ・オヒキコウモリが生息し,洞窟入口付近の天井に群がっており,夜の飛行は有名である。1995年世界自然遺産に登録。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android