コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登録 トウロク

4件 の用語解説(登録の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐ろく【登録】

[名](スル)
帳簿や原簿に記し載せること。「メンバーとして登録する」
一定の事項を公証するために、行政官庁などに備えてある公簿に記載すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうろく【登録】


[行政法]
 行政法上,登録とは,行政機関において一定の事項を,多くの場合関係人の申請により,公簿に記載することをいう。法令の規定に基づいてなされる登録は,行政行為としての公証の一種であり,登録された事項につき公の証拠力を生ずるほか,種々の法律効果を伴う。登録によって一定の権利が発生する場合(特許法66条による特許権設定の登録),登録がなければ法律関係の変動を第三者に対抗しえないとされる場合(道路運送車両法5条,自動車抵当法5条による自動車所有権,抵当権の得喪の登録),登録を受けなければ一定の行為をしてはならないとされる場合(毒物及び劇物取締法3条による毒物・劇物製造業等の登録)などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうろく【登録】

( 名 ) スル
帳簿に記し載せること。 「台帳に-する」
一定の事項を公に証明するために、所定の機関に届け出て、帳簿に記載すること。特許登録・弁護士登録など。 「住民-」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

登録
とうろく

行政上の事前規制の手法の一種で、いわば届出制と許可制の中間的な仕組み。登録は一定の客観的な基準に合致すれば認められるが、一定事項違反に対しては登録が取り消される。旅行業法農薬取締法弁護士法貸金業法行政書士法などがその例である。たとえば、旅行業法では、旅行業を営もうとする者は観光庁長官の行う登録を受けなければならない。一定の犯罪歴があり刑の執行を終えてから5年を経過していない者、登録取消の前歴があり取消の日から5年を経過していない者、申請前5年以内に旅行業務に関し不正な行為をした者、成年被後見人被保佐人、破産者で復権を得ない者などは登録を拒否される。通常人であれば登録を拒否されることはない。同業者が過剰だ、競争業者が反対しているという事情などは登録の拒否事由にならない。登録には有効期間があるのが普通である。登録なしで営業すると処罰される。登録業者は登録拒否事由に該当するに至ったときのほか、一定の不正行為をしたときなどに登録を取り消されたり、営業停止される。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の登録の言及

【許可営業】より

…これに対し,電気事業の許可(電気事業法3条)や鉄道業の免許(鉄道事業法3条)のように,とくに公共性の強い事業について,行政庁の積極的な監督のもとに適正な経営を行わせることを目的とする制度もあるが,それらは行政法学上,ここにいう営業許可と区別して〈公企業の特許〉と呼ばれることが多い。なお最近の立法では,営業に関する〈登録〉の制度を採用する例が増えている。〈貸金業の規制等に関する法律〉に基づく貸金業者の登録はその一例である。…

【登記】より

…登記簿には,原則として,バインダー式帳簿が使用され,一定の表紙および目録とともに登記用紙が編綴される。 日本には,公簿に一定の事項を記載するものとして,登記のほかに,登録(たとえば,住民登録,鉱業登録,医籍登録など)という制度があるが,登記と登録とは区別される。登記はもっぱら私権に関する公示を目的とし,登記所がつかさどるものであるのに対し,登録は私権に関する公示の作用を果たすこともあるが,各種の行政的目的の必要から活用される場合が少なくなく,登記所以外の行政官庁においてつかさどられている。…

※「登録」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

登録の関連キーワード官治行政行政命令行政事件代理行為地方行政機関指定地方行政機関独立行政法人国立高等専門学校機構法案独立行政法人国立大学財務・経営センター法案独立行政法人大学評価・学位授与機構法案独立行政法人メディア教育開発センター法案

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

登録の関連情報