カール・フィッシャー試薬(読み)カール・フィッシャーしやく(英語表記)Karl Fischer's reagent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カール・フィッシャー試薬
カール・フィッシャーしやく
Karl Fischer's reagent

水の定量に用いられる試薬ヨウ素二酸化硫黄ピリジンを1:3:10の割合でメチルアルコールに溶かした赤褐色の試薬で,水と反応するとヨウ素が二酸化硫黄によって還元され,それらがピリジンと化合して褐色から明るい黄色に変る。結晶水の量,有機溶媒中の水分あるいは有機反応によって生じた水分を定量するために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android