コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カール・フィッシャー試薬 カール・フィッシャーしやくKarl Fischer's reagent

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カール・フィッシャー試薬
カール・フィッシャーしやく
Karl Fischer's reagent

水の定量に用いられる試薬ヨウ素二酸化硫黄ピリジンを1:3:10の割合でメチルアルコールに溶かした赤褐色の試薬で,水と反応するとヨウ素が二酸化硫黄によって還元され,それらがピリジンと化合して褐色から明るい黄色に変る。結晶水の量,有機溶媒中の水分あるいは有機反応によって生じた水分を定量するために用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

カール・フィッシャー試薬の関連キーワード水当量

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android