コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カールーン湖 カールーンこBirkat Qārūn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カールーン湖
カールーンこ
Birkat Qārūn

古代のモエリス湖の一部。エジプト中西部,ファイユーム県にあり,カイロ南西約 60~100kmに位置する海水面下の浅い湖。長さ 40kmの細長い形で,面積約 230km2。かつてはファイユーム・オアシスの大部分を占め,前 450年頃訪れたヘロドトスは,湖はモエリス王によって掘られた人造湖であると記している。初めはナイル川氾濫期の広大な遊水湖であったが,プトレマイオス2世により一部干拓され,農耕地となった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カールーン湖の関連キーワードファイユーム文化ファイユーム遺跡