ガウゼ(英語表記)Gause, G. F.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガウゼ
Gause, G. F.

ソビエト連邦の生態学者。モスクワ大学に学ぶ。1930年代初めから,昆虫,原生動物などを材料として動物生態学で数多くの研究業績を上げた。とりわけ,ゾウリムシを対象に行なった種間競争の研究は有名。2種類のゾウリムシを同一容器で飼育するとき,餌,すみ場所などの生活要求が一致した種同士は共存することができずに一方が滅びる結果となり,生活要求に差異のある 2種類の間では共存の可能な場合も存在することを見出した。この発見は,同一の生態的地位(→ニッチ)を占める 2種は同一場所に共存することができない,という競争排除則に実証的根拠を与えるもので,ガウゼの法則などと呼ばれている。これらの研究に基づいて,『生存競争』The Struggle for Existence(1934)を著した。1948年ソ連生物学界をルイセンコ説が支配するに及び,追放された。(→生態学

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

GAFA

グーグル(Google)、アップル(Apple)、フェースブック(Facebook)、アマゾン(Amazon)の4社のこと。頭文字を取って称される。いずれも米国を代表するIT企業であり、4社は世界時価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android