コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガスエンジン・ヒートポンプ gas engine heat pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガスエンジン・ヒートポンプ
gas engine heat pump

フロンなどの冷媒 (熱媒) の圧縮・膨張に伴う温度変化を利用した冷暖房機。冷媒を膨張させて低温化し,外部から熱を吸収し,次に圧縮機で圧縮・高温化して熱を放出するというサイクルを繰り返す。圧縮機をガスエンジンで駆動させるのが,ガスエンジン・ヒートポンプ,電動モータを用いるのが電動ヒートポンプである。いずれもエネルギーを直接的に熱に変換するのではなく,動力として用いるため,エネルギー効率が良い。市場的には電動式が大半を占めるが,ガスエンジン・ヒートポンプには,エンジン排熱が有効利用できること,加熱特性が良いこと,電気の契約量が減らせることなどの利点があり,近年,業務用・産業用として普及してきている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ガスエンジン・ヒートポンプの関連キーワードアイシン精機

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android