ガス交換(読み)ガスこうかん

大辞林 第三版の解説

ガスこうかん【ガス交換】

生物体における酸素と二酸化炭素の交換。酸素呼吸を行う動植物では外呼吸と内呼吸がある。気体交換。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ガス‐こうかん ‥カウクヮン【ガス交換】

〘名〙 生物体が外界から酸素をとり入れ、炭酸ガスを外界へ放出すること。気体変換。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のガス交換の言及

【呼吸】より

…こうして,プネウマ説にはじまり,肺での空気の出入りを意味していた〈呼吸〉は,現代生物学の用語では,細胞での基質からの水素原子の取出しと,その水素を酸素と化合させる際のエネルギーを用いてのATP生成(酸化的リン酸化)を意味するに至っている。【長野 敬】
【呼吸の生化学】
 以上のような歴史的経過から,呼吸は古くは動物の呼吸運動をさす言葉であったものが,動物の外界とのガス交換(これを外呼吸という),さらに体液と細胞のガス交換(これを内呼吸という)をも含める言葉となった。そして,現在,生化学的には呼吸は次のように定義されている。…

※「ガス交換」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報