コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外呼吸 ガイコキュウ

4件 の用語解説(外呼吸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

がい‐こきゅう〔グワイコキフ〕【外呼吸】

生物体が空気中あるいは水中の酸素呼吸器官あるいは体表から取り入れ、二酸化炭素を放出するガス交換肺呼吸えら呼吸皮膚呼吸など。⇔内呼吸

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

外呼吸

 肺胞での赤血球のガス交換.これに対して,体内の各組織における赤血球のガス交換を細胞呼吸(内呼吸)という.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

がいこきゅう【外呼吸】

生物が外界から酸素を体内にとり入れ、二酸化炭素を排出するガス交換。肺呼吸・皮膚呼吸・鰓えら呼吸など。 ↔ 内呼吸呼吸

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外呼吸
がいこきゅう

動物において、肺、えら、皮膚などの呼吸器官で生命を維持するために必要な分子状酸素を獲得し、物質代謝の結果生じた二酸化炭素を排出するガス交換をいう。一方、細胞では、外呼吸により外界から取り入れられ、体内に輸送された酸素が二酸化炭素と交換される。この細胞呼吸を外呼吸に対して内呼吸とよぶことがある。[高橋純夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の外呼吸の言及

【呼吸】より

…こうして,プネウマ説にはじまり,肺での空気の出入りを意味していた〈呼吸〉は,現代生物学の用語では,細胞での基質からの水素原子の取出しと,その水素を酸素と化合させる際のエネルギーを用いてのATP生成(酸化的リン酸化)を意味するに至っている。【長野 敬】
【呼吸の生化学】
 以上のような歴史的経過から,呼吸は古くは動物の呼吸運動をさす言葉であったものが,動物の外界とのガス交換(これを外呼吸という),さらに体液と細胞のガス交換(これを内呼吸という)をも含める言葉となった。そして,現在,生化学的には呼吸は次のように定義されている。…

【人工呼吸】より

呼吸の目的は,空気中の酸素を肺に吸い込み,肺では酸素を血液に与え,炭酸ガスを血液から取り除くことである。この過程は外呼吸とよばれる。肺で酸素をもらった血液は,からだ全体に流れていき,細胞や組織に酸素を放出し,炭酸ガスを取り込んで肺に戻ってくる。…

※「外呼吸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

外呼吸の関連キーワードガス交換坑内通気DO飛沫感染嫌気呼吸好気呼吸えら好気性菌好気性生物化学的処理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone