コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガッサーン王国 ガッサーンおうこくGhassān

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガッサーン王国
ガッサーンおうこく
Ghassān

南アラブの一部族ガッサーン族が,3世紀にシリア南部に移住し,やがてダマスカスの南東に建てた王国。その最盛期はハーリス2世 (在位 529~569) のときであったが,歴史的には東ローマ帝国ササン朝ペルシアに対する緩衝国としての役割を果した。 613/4年,ササン朝軍のシリア侵入によって事実上滅亡し,636年のアラブ・ムスリムによるシリア征服後,ガッサーン族はイスラムを受容した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報