ガットマン(英語表記)Guttman, Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ガットマン」の解説

ガットマン
Guttman, Louis

[生]1916.2.10. ニューヨークブルックリン
[]1987.10.25. ミネソタ,ミネアポリス
アメリカ生れのイスラエルの心理学者。コーネル大学・ヘブライ大学教授。ロシア移民の子として生れ,ミネソタ大学に学び,1947年家族とともにイスラエルへ移住。以後ヘブライ大学を中心に研究活動を行い,講義療養のためアメリカ滞在中に急逝数理心理学因子分析尺度理論で知られ,特にガットマン尺度分析法 (→スケーログラム・アナリシス ) による態度測定を行い,心理テストなどの分野に新しい方向を打出した。主著"Conditions Favoring Major Advances in Social Science" (1971) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android