講義(読み)コウギ

  • こうぎ カウ‥
  • こうぎ〔カウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
学問の方法や成果、また、研究対象などについて、その内容・性質などを説き聞かせること。また、その説明。「学生に国文学を講義する」
大学の授業。「講義に出席する」「集中講義

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 書籍や学説の内容や意味を解きあかすこと。また、教授者の説明によって行なわれる授業。また、大学の授業をさしていう。
※蔭凉軒日録‐延徳二年(1490)四月一八日「上様以功叔愚曰、小補講義御望也」
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「勿論経済の講義(カウギ)は得意にて、妙な所に節倹を行ひ」 〔新唐書‐百官志三〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講義の関連情報