コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

数理心理学 すうりしんりがく mathematical psychology

3件 の用語解説(数理心理学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

数理心理学
すうりしんりがく
mathematical psychology

心理学的現象を数理モデルによって表現し,数学的方法により問題解決を試みる心理学の一分野。 19世紀における G.フェヒナー精神物理学や F.ゴルトンの個人差心理学の伝統を受けて,1920年代後半頃から L.L.サーストンや C.E.スピアマンらによる精神測定学 (→精神測定法 ) が盛んになり,感覚,知覚,知能,性格など心理学的概念の数量化が実験心理学不可欠な条件となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

数理心理学
すうりしんりがく
Mathematical Psychics

F.Y.エッジワース著。 1881年刊。功利主義の倫理学を経済生活に応用し,数式化することを目指して書かれたこの書物は,エッジワースの博学を反映してギリシア語の引用を含む風変りな本であるが,現代の経済学に及ぼした影響は多大なものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

数理心理学
すうりしんりがく
mathematical psychology

数理的方法を用いて研究を行う心理学の一分野。心理学は、E・H・ウェーバーやフェヒナーの感覚の研究以来、エビングハウスの忘却の研究、サーストンの学習の研究、ハルの学習の研究、レビンのトポロジー心理学などのように、数学的概念や方法を用いてきた。その後もサイバネティックス情報理論の刺激を受け、またコンピュータ技術の進歩により、各種の実験によって得られた数量化されたデータを統計的に処理するだけでなく、数理モデルを構成して現象の予測や検証に利用するようになっている。
 スティーブンスの感覚尺度に関する精神物理学的研究、ノイマンに始まるゲーム理論、コンピュータ・シミュレーションの考え方はその例であり、これらは、感覚や思考や言語の領域だけでなく、産業や政治などの社会的行動にも関係する学際的な研究の基礎的な領域となっている。[宇津木保]
『J・G・グリーノ著、岡本栄一・藤田恵璽訳・編『数理心理学の展開』(1976・誠信書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

数理心理学の関連キーワードソリッドモデル一般心理学数理物理学了解心理学連合心理学サイテックアート順問題類似モデル印東太郎生理学的心理学

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone