コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガット療法 ガットりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガット療法
ガットりょうほう

つぼに手術用縫合糸 (ガット) を埋め込んで行なう治療法で,持続刺激を利用したもの。中国では「穴位埋線・結紮 (さつ) 療法」などと呼ばれており,胃・十二指腸潰瘍 (かいよう) ,気管支喘息 (ぜんそく) ,小児まひ後遺症などに用いられ,効果を上げている。日本では,東京の産婦人科医成沢亀一郎が「ガット療法」と名付け,婦人科領域に応用した結果を学会発表し,さらに他の領域にも用いて効果を上げている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android