コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガット療法 ガットりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガット療法
ガットりょうほう

つぼに手術用縫合糸 (ガット) を埋め込んで行なう治療法で,持続刺激を利用したもの。中国では「穴位埋線・結紮 (さつ) 療法」などと呼ばれており,胃・十二指腸潰瘍 (かいよう) ,気管支喘息 (ぜんそく) ,小児まひ後遺症などに用いられ,効果を上げている。日本では,東京の産婦人科医成沢亀一郎が「ガット療法」と名付け,婦人科領域に応用した結果を学会発表し,さらに他の領域にも用いて効果を上げている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android