コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルシア・モレノ Gabriel García Moreno

世界大百科事典 第2版の解説

ガルシア・モレノ【Gabriel García Moreno】

1821‐75
エクアドルの政治家。グアヤキルの名門の家に生まれたが,キトの上流階級,特に聖職者・大土地所有者と結びグアヤキルの自由主義派と激しく対立した。キト市長を経て1861年に大統領になり,追放されたイエズス会との和解および初等教育の教会委託を遂行。69年に再選されると保守的憲法を公布し,次第に独裁色を強めたため反モレノ運動が高まり,反対派に暗殺された。鉄道建設に情熱を注ぎ,独裁者と愛国者の両面の評価を受けている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のガルシア・モレノの言及

【エクアドル】より

…彼は教会を弾圧しイエズス会士の追放を進めた。1861年に始まる15年間は,その反動というべき宗教立国を政治原理とするガルシア・モレノ大統領が政権を握った。彼はイエズス会士を呼び戻し,軍国主義者に対抗して教会と地主の支持を求めた。…

※「ガルシア・モレノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ガルシア・モレノの関連キーワードエクアドル史モンタルボフロレス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android