コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガルデール

2件 の用語解説(ガルデールの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガルデール

アルゼンチン・タンゴの歌手。1917年ヒット作《わが悲しみの夜》をきっかけに国民的スターアルゼンチン・タンゴ史上に一時代を築いたほか,映画にも出演。飛行機事故死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガルデール【Carlos Gardel】

1890?‐1935
アルゼンチン・タンゴの歌手,作曲家。フランストゥールーズで生まれ,2歳のとき母につれられてブエノス・アイレスに移ったとされるが,出生については異説がある。1912年ごろから民謡歌手として評判になり,17年にタンゴ《わが悲しみの夜》を歌ってセンセーションを起こした。これはそれまで軽快なダンス音楽にすぎなかったタンゴを一変させたほどの,深い哀愁をたたえた名唱だったが,以後ガルデールは人生のドラマを感じさせる数々のタンゴを歌い,2000曲以上のレコードを録音,8本の映画に出演してアルゼンチン最大のスターとなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のガルデールの言及

【タンゴ】より

… タンゴはブエノス・アイレス南東部,ラ・プラタ川沿いの風紀の悪い場末町に生まれ,当時は下層社会の音楽として上中流社会から蔑視されたが,それ自体の音楽的向上に加え,1910‐20年代にパリでおおいに認められ流行したことなどから,全市民的な音楽としての地歩を築くようになった。1917年に《わが悲しみの夜》を歌って以来アルゼンチンのアイドル歌手となったカルロス・ガルデールにより,水準の高い歌謡としてのタンゴが普及したことも見落とせない。楽団演奏はバイオリン,バンドネオン(それぞれ2~6),ピアノ,コントラバスの編成(これを標準楽団の意味で〈オルケスタ・ティピカorquesta típica〉という)が定型化し,20年代までに《ラ・クンパルシータ》(マトス・ロドリゲスGerardo Hernán Matos Rodríguez作曲。…

※「ガルデール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガルデールの関連キーワードピルゼンフォークランド戦争フォークランド紛争亜爾然丁アルゼンチンタンゴおたんちんコンチネンタルタンゴピアソラミロンガプエルトイグアス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガルデールの関連情報