コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーツ[山脈] ガーツ

百科事典マイペディアの解説

ガーツ[山脈]【ガーツ】

インド南部,デカン高原の東西両側を南北に走る山脈。東ガーツ,西ガーツに分かれる。西ガーツは,アラビア海に沿って半島南端コモリン岬からタープティー川に至る延長約1600km。
→関連項目デカン高原

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガーツ[山脈]【Ghāts】

インドの山脈。ガーツghāṭとはヒンディー語で〈階段〉を意味し,デカン高原の東西両縁の山地が,海岸平野から階段状にせり上がるところから,東ガーツおよび西ガーツと呼ばれる。西ガーツ山脈はインド半島の西海岸(マラバル海岸)沿いに,北はカンベイ湾に注ぐタープティー河口から南はコモリン岬まで約1600kmにわたって,ほとんど切れ目なく続く。山脈の西側は断層崖と思われる急斜面であるが,東側はデカン高原へ漸移し,山脈と呼ぶにふさわしくない地貌を呈する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のガーツ[山脈]の言及

【インド】より

…デカン・トラップより南に向かうにつれて,土壌はラテライト化した赤色土が多くなっていく。デカン高原は,両端を西および東の両ガーツ山脈が走り,周縁部が高くなった楯状地をなす。標高は前者が1000~1500m,後者が500~600mであって,全体として西高東低の傾動性地塊をなしている。…

【オリッサ[州]】より

…そのためこの川の豊水期と渇水期との流量差は極度に大きく,州境近くのヒラクド・ダム(多目的アースダムで,1957完成)の完成までは,洪水が頻発した。内陸山地は北東部のチョタ・ナーグプル高原の延長地帯と,南西部の東ガーツ山脈の北端地帯とに二分される。前者はマハナディ川支流により分断された標高900~1100mの三つの地塁性山地からなる。…

【カルナータカ[州]】より

…現名はこの地方の古名カルナードゥ(〈黒色土のくに〉の意)に由来。地形は,西から海岸平野,西ガーツ山脈,デカン高原に分かれる。海岸平野は低平かつ狭長で湿潤熱帯に属し,年3000mmを超える降水量が南西モンスーンによってもたらされる。…

【デカン高原】より

…デカン高原の基盤は先カンブリア時代の片麻岩,結晶質岩石からなり,それがゴンドワナ大陸の一部として長い間浸食を受けて準平原化していたが,中生代白亜紀からの断層を伴う隆起と玄武岩質溶岩の噴出によって現在の概形ができた。この隆起運動は西に高く東に低かったので,アラビア海側の西縁に標高1000~1500mの西ガーツ山脈が生じた。西ガーツ山脈は南方でニールギリ,カルダモン両丘陵となって地塊化し,ともに2000mを超す高地となっている。…

※「ガーツ[山脈]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android