コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーパイク garpike

翻訳|garpike

デジタル大辞泉の解説

ガーパイク(garpike)

北米やキューバに分布するガーパイク科の淡水魚。口が細長く、強大な針状の歯をもち、魚や小形の動物を食べる。釣りの対象魚。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーパイク

ガー科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーパイク
がーぱいく
garpike

硬骨魚綱に属する鱗骨目ガーパイク科Lepisosteidaeの淡水魚の総称。東部アメリカ、中部アメリカ、キューバなどの淡水系に分布する。1属7種で、化石種は北アメリカ、ヨーロッパ、インドなどから産出する。おもに浅くて水草の繁った淡水域にすむが、カリブ海周辺のものはときには汽水域にもすむ。全長50センチメートル程度のものから、最大種は熱帯性のアリゲーターガーLepisosteus spatulaで、全長3メートルになる。口は細長く、歯は強大な針状である。体は延長し菱(ひし)形の硬鱗(こうりん)で覆われる。うきぶくろは単一形で不完全に左右2室に分かれ、肺の形態を備え、ある程度空気呼吸をする。脊椎(せきつい)骨は完全に硬骨化し、椎体は後部が内方にくぼむ。19世紀中ごろ中国大陸から報告された絵だけのガーパイクはいまだに謎(なぞ)である。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のガーパイクの言及

【鱗骨魚】より

…鱗骨目鱗骨魚科Lepisosteidaeの淡水魚の総称。ガーパイクともいう。同類は新生代第三紀以後の化石種として知られているが,現生種としてはすべてこの科に属し,北アメリカおよび中央アメリカの川にすむ4種ほどがあるにすぎない。…

※「ガーパイク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ガーパイクの関連キーワード硬鱗魚類硬骨魚類条鰭類うろこアミア新北区鱗骨類鱗骨魚北米硬鱗魚類