コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガーパイク ガーパイク garpike

翻訳|garpike

3件 の用語解説(ガーパイクの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ガーパイク(garpike)

北米やキューバに分布するガーパイク科の淡水魚。口が細長く、強大な針状の歯をもち、魚や小形の動物を食べる。釣りの対象魚。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガーパイク
ガーパイク

ガー科」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガーパイク
がーぱいく
garpike

硬骨魚綱に属する鱗骨目ガーパイク科Lepisosteidaeの淡水魚の総称。東部アメリカ中部アメリカ、キューバなどの淡水系に分布する。1属7種で、化石種は北アメリカヨーロッパインドなどから産出する。おもに浅くて水草の繁った淡水域にすむが、カリブ海周辺のものはときには汽水域にもすむ。全長50センチメートル程度のものから、最大種は熱帯性のアリゲーターガーLepisosteus spatulaで、全長3メートルになる。口は細長く、歯は強大な針状である。体は延長し菱(ひし)形の硬鱗(こうりん)で覆われる。うきぶくろは単一形で不完全に左右2室に分かれ、肺の形態を備え、ある程度空気呼吸をする。脊椎(せきつい)骨は完全に硬骨化し、椎体は後部が内方にくぼむ。19世紀中ごろ中国大陸から報告された絵だけのガーパイクはいまだに謎(なぞ)である。[中坊徹次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガーパイクの言及

【鱗骨魚】より

…鱗骨目鱗骨魚科Lepisosteidaeの淡水魚の総称。ガーパイクともいう。同類は新生代第三紀以後の化石種として知られているが,現生種としてはすべてこの科に属し,北アメリカおよび中央アメリカの川にすむ4種ほどがあるにすぎない。…

※「ガーパイク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガーパイクの関連キーワードアフロキューバンエソックスオレゴンパインタイガーフィッシュ么九牌シュガーバニーズシュガーバニーズ いちごグミシュガーバニーズ フルーツラムネタイガーパウUFOガール ヤキソバニー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガーパイクの関連情報