コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硬鱗 こうりんganoid scale

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硬鱗
こうりん
ganoid scale

魚類の鱗の型の一つ。原始的な鱗で,表皮下の真皮性骨板がガノインというエナメル様物質でおおわれている。チョウザメガーパイクなど原始的な鰭条をもつ硬骨魚類にみられる。より高等な魚類では,櫛鱗,円鱗 cycloid scaleをもつ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の硬鱗の言及

【うろこ(鱗)】より

…楯鱗はギンザメ類やエイ類では退化的であるが,サメ類では〈サメ肌〉としてよく発達しており,古来より刀剣の柄や鞘の装飾に用いられている。デボン紀の原始硬骨魚類は,ガノイン質,コズミン質,骨質からなる硬鱗をもっていた。条鰭(じようき)類では,ガノイン鱗が発達するが,後に骨質のみが残った骨鱗になった。…

【魚類】より

…多くの魚の皮膚にうろこがあるが,円口類,シビレエイ,タチウオなどにはない。うろこには楯鱗,硬鱗,骨鱗などの種類があり,それぞれ構造が異なる。楯鱗はサメ・エイ類のうろこで,厚い象牙質の外側が硬いエナメル層で包まれ,内側には神経や血管の入りこんだ髄があって,歯と同じ構造をしている。…

※「硬鱗」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

硬鱗の関連キーワードアトランチック・スタージョンアリゲーターガーヘラチョウザメ科ポリプテルス属ヘラチョウザメ蝶鮫・鱘魚ビチャー硬鱗魚類動脈円錐条鰭類鱗骨類アミアうろこ硬鱗魚軟質類鱗骨魚腕鰭類ガー科糞石蝶鮫

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android