コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キエフ神学校 キエフしんがっこう Kievskaya akademiya

1件 の用語解説(キエフ神学校の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キエフしんがっこう【キエフ神学校 Kievskaya akademiya】

ロシアの神学校キエフ府主教モギラPyotr Simeonovich Mogila(1596‐1647)が1631年にペチェルスカヤ大修道院(キエフ洞窟修道院)内に設けたもので,のち神学大学として1817年まで存続した。カトリック教会反宗教改革の一環として教会合同工作などの攻勢にさらされたポーランド支配下のロシア正教会にあって,西方で教育を受けたモギラは,逆にラテン神学の方法をとりいれて正教会の立場の強化をはかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キエフ神学校の関連キーワードキエフ公国神学校セルギー面嫌ひロシアの恋人イスラム神学校と公教育小西増太郎西海枝静瀬沼恪三郎三井道郎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone