コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キショウブ(黄菖蒲) キショウブIris pseudacorus; yellow flag; water flag

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キショウブ(黄菖蒲)
キショウブ
Iris pseudacorus; yellow flag; water flag

アヤメ科の多年草ヨーロッパ原産であるが,日本には明治年間に渡来し各地に栽培され,また逸出して各地の溝などに帰化状態になっている。葉は剣形,長さ 60cmに及ぶ。花茎は 1m内外で,黄色の外花被片3枚は大きく円形に近い。内花被3枚は小型,子房は三角形,花後多数の扁平な種子を含む。クリーム色八重咲きなどの園芸品種もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キショウブ(黄菖蒲)【キショウブ】

ヨーロッパ〜西アジア原産のアヤメ科の多年草。1896年ごろ渡来し,今は各地の水辺湿地に繁殖している。葉は線形剣状。花茎は1mに達し,分枝する。5〜6月,茎頂や枝の先に径8〜10cmの黄色の花を2〜3花ずつつける。
→関連項目ハナショウブ(花菖蒲)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone