コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ハナショウブ(花菖蒲) ハナショウブIris ensata var. hortensis; Japanese iris

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ハナショウブ(花菖蒲)
ハナショウブ
Iris ensata var. hortensis; Japanese iris

アヤメ科の多年草。ノハナショウブ I. ensata var. spontaneaを原種として,日本で改良された園芸品種群で改良の歴史は 500年にも及ぶ。水辺などの湿ったところで栽培され,初夏に美しい花をつける。花色には紫,白,絞りなどがある。今日,各地の菖蒲園などで栽培されている品種数は数百をこえるが,改良の進んだ場所の名を取って東京ハナショウブ,伊勢ハナショウブ,熊本ハナショウブ (肥後菖蒲) などが有名である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ハナショウブ(花菖蒲)【ハナショウブ】

アヤメ科の多年草で,日本の代表的な初夏の園芸植物。日本各地,東アジアの山地草原に自生し,6〜7月に赤紫色の花を開くノハナショウブを栽培改良したもの。アヤメ,カキツバタとは剣状葉の中脈が著しく隆起している点で異なる。
→関連項目アイリス

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ハナショウブ【ハナショウブ(花菖蒲) Japanese iris】

日本で品種改良が進んだアヤメ科の多年草(イラスト)。庭園の湿地や池辺,鉢植え,切花に用いられ,また花菖蒲園として広く植栽されている。江戸時代にノハナショウブより改良され,その豊かな花色と大輪の花は欧米でもよく知られている。野生種のノハナショウブvar.spontanea (Makino) Nakaiは東シベリア,中国東北部,朝鮮,日本全域に自生し,山地や野原の湿地に見られる。葉は長さ30~60cmの線形剣状で中脈は隆起し,根茎は密な繊維で包まれ,赤紫や青紫色の花を高さ40~100cmの茎に通常は2花つけ,外花被片は楕円形で垂れ下がり,基部に黄のマークがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のハナショウブ(花菖蒲)の言及

【アヤメ】より

…バイカル湖近辺で発見されたものに,1837年に学名がつけられた。イギリスでは1920年ごろハナショウブと混同されていた。カキツバタは外花被片の中央に1本の白線が目だち,アヤメは網目模様があり,ノハナショウブは黄色の線が見られるので区別できる。…

※「ハナショウブ(花菖蒲)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ハナショウブ(花菖蒲)の関連キーワードノハナショウブ(野花菖蒲)キショウブ(黄菖蒲)ショウブ(菖蒲)

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android