コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメ科 アヤメか Iridaceae

2件 の用語解説(アヤメ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤメ科
アヤメか
Iridaceae

単子葉植物の1科。科として分化の中心は南アフリカと熱帯アメリカにあり,これらの地域を中心として,熱帯,亜熱帯に約 60属 800種が知られる。しかし種数では全体の 40%にあたる 300種あまりがアヤメ属 Irisに属し,このほとんどは北半球の温帯,特に中央アジアから西アジアに多い (→アイリス ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤメ科
あやめか
[学]Iridaceae

単子葉植物。多年草で、ごくまれに一年草もある。ほとんどが地中植物で、根茎、塊茎または球茎がある。花は両性、同花被(かひ)、放射相称または左右相称、3数性である。雄しべは3本、子房は下位。雄しべ6本、子房上位を特徴とするユリ科から由来したと考えられる。80属約1500種があり、全世界に分布するが、半数以上は南アフリカ産である。日本にはアヤメ属7種、ヒオウギ属1種が自生する。おもな区分は次のとおり。[清水建美]

ニワゼキショウ連

根茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は同形、花柱の枝は糸状。ニワゼキショウ属、ヒオウギ属を含む。[清水建美]

アヤメ連

根茎または球茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は異形、花柱の枝は花弁状。アヤメ属、モラエア属を含む。[清水建美]

グラジオラス連

球茎植物。花冠は左右相称で浅裂、花筒が明瞭(めいりょう)。花柱の枝は糸状。グラジオラス属、ヒオウギズイセン属を含む。[清水建美]

クロッカス連

球茎植物。花は単生。花冠は放射相称、花筒は細長い。花柱の枝は糸状。クロッカス属、ロムレア属を含む。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アヤメ科の関連キーワード双子葉植物単子葉植物平行脈外種皮禾本科茎葉植物網状脈田代芋単子葉類ヤシ(椰子)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヤメ科の関連情報