コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメ科 アヤメかIridaceae

2件 の用語解説(アヤメ科の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤメ科
アヤメか
Iridaceae

単子葉植物の1科。科として分化の中心は南アフリカと熱帯アメリカにあり,これらの地域を中心として,熱帯,亜熱帯に約 60属 800種が知られる。しかし種数では全体の 40%にあたる 300種あまりがアヤメ属 Irisに属し,このほとんどは北半球の温帯,特に中央アジアから西アジアに多い (→アイリス ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤメ科
あやめか
[学]Iridaceae

単子葉植物。多年草で、ごくまれに一年草もある。ほとんどが地中植物で、根茎、塊茎または球茎がある。花は両性、同花被(かひ)、放射相称または左右相称、3数性である。雄しべは3本、子房は下位。雄しべ6本、子房上位を特徴とするユリ科から由来したと考えられる。80属約1500種があり、全世界に分布するが、半数以上は南アフリカ産である。日本にはアヤメ属7種、ヒオウギ属1種が自生する。おもな区分は次のとおり。[清水建美]

ニワゼキショウ連

根茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は同形、花柱の枝は糸状。ニワゼキショウ属、ヒオウギ属を含む。[清水建美]

アヤメ連

根茎または球茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は異形、花柱の枝は花弁状。アヤメ属、モラエア属を含む。[清水建美]

グラジオラス連

球茎植物。花冠は左右相称で浅裂、花筒が明瞭(めいりょう)。花柱の枝は糸状。グラジオラス属、ヒオウギズイセン属を含む。[清水建美]

クロッカス連

球茎植物。花は単生。花冠は放射相称、花筒は細長い。花柱の枝は糸状。クロッカス属、ロムレア属を含む。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アヤメ科の関連情報