コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤメ科 アヤメかIridaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アヤメ科
アヤメか
Iridaceae

単子葉植物の1科。科として分化の中心は南アフリカと熱帯アメリカにあり,これらの地域を中心として,熱帯,亜熱帯に約 60属 800種が知られる。しかし種数では全体の 40%にあたる 300種あまりがアヤメ属 Irisに属し,このほとんどは北半球の温帯,特に中央アジアから西アジアに多い (→アイリス ) 。アヤメ科の植物はほとんどが多年生の草本で,地下に短い根茎や球根をもち,葉は細い剣状や線状で縦に2列に並ぶのが普通である。花は3枚ずつの内・外花被片をもち,特に外花被片が花弁状に発達するものが多い (アヤメ属など) 。しかしクロッカス属 Crocusやニワゼキショウ属 Sisyrinchiumでは6枚が同形同大である。おしべは3本だけでこの点がユリ科,ヒガンバナ科と大きく異なる。子房は下位で3室に分れ,中軸胎座で 蒴果となる。 (→ハナショウブ〈花菖蒲〉 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤメ科
あやめか
[学]Iridaceae

単子葉植物。多年草で、ごくまれに一年草もある。ほとんどが地中植物で、根茎、塊茎または球茎がある。花は両性、同花被(かひ)、放射相称または左右相称、3数性である。雄しべは3本、子房は下位。雄しべ6本、子房上位を特徴とするユリ科から由来したと考えられる。80属約1500種があり、全世界に分布するが、半数以上は南アフリカ産である。日本にはアヤメ属7種、ヒオウギ属1種が自生する。おもな区分は次のとおり。[清水建美]

ニワゼキショウ連

根茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は同形、花柱の枝は糸状。ニワゼキショウ属、ヒオウギ属を含む。[清水建美]

アヤメ連

根茎または球茎植物。花冠は放射相称で深裂、花被片は異形、花柱の枝は花弁状。アヤメ属、モラエア属を含む。[清水建美]

グラジオラス連

球茎植物。花冠は左右相称で浅裂、花筒が明瞭(めいりょう)。花柱の枝は糸状。グラジオラス属、ヒオウギズイセン属を含む。[清水建美]

クロッカス連

球茎植物。花は単生。花冠は放射相称、花筒は細長い。花柱の枝は糸状。クロッカス属、ロムレア属を含む。[清水建美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

アヤメ科の関連キーワードハナショウブ古也須久佐ワトソニア和蘭陀菖蒲愛媛菖蒲早少女花段々菖蒲姫唐菖蒲小燕子花檜扇菖浦檜扇菖蒲檜扇水仙浅黄水仙野花菖蒲放射相称早乙女花姫射干胡蝶花花菖蒲鳶尾草

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アヤメ科の関連情報