キタハーテビースト(読み)きたはーてびーすと(英語表記)bubal hartebeest

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタハーテビースト
きたはーてびーすと
bubal hartebeest
[学]Alcelaphus buselaphus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。肩高1.1メートルと小形で、体は鮮やかな栗(くり)色。北アフリカのアトラス山脈やエジプトなどに分布したが、50年ほど前に絶滅した。[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android