キタハーテビースト(読み)きたはーてびーすと(英語表記)bubal hartebeest

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キタハーテビースト
きたはーてびーすと
bubal hartebeest
[学] Alcelaphus buselaphus

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目ウシ科の動物。肩高1.1メートルと小形で、体は鮮やかな栗(くり)色。北アフリカのアトラス山脈やエジプトなどに分布したが、50年ほど前に絶滅した。

[今泉忠明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android