コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キテ きて

1件 の用語解説(キテの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キテ
きて
kiteアイヌ語

アイヌ民族が鯨などの海獣や大形魚類の漁に使用した回転離頭銛(りとうもり)。鉄製などの刃先をつけた骨角製・木製の銛頭(もりがしら)、その尾部の茎槽(けいそう)に差し込む中柄、中柄に緊縛される長柄、そして銛頭にあけられた索孔から射手までをつなぐ索縄(さくじょう)からなる。銛頭が獲物に射込まれると、中柄から離脱して獲物の体内に残る。射手が索縄を引き、一方獲物が逃げようとすると、銛頭は獲物の体内で索孔を支点に半転し抜けにくくなる。鯨漁の場合など、トリカブト毒を塗り、家紋を刻んだキテを次々と何本も打ち込んで凄絶(せいぜつ)な漁となったという。環北太平洋諸地域とくにオホーツク文化の銛の伝統を受け、14~15世紀に基本形は成立したと思われ、初期のものは茎槽が開窩(かいか)式で、かつ索孔が縦ないし斜位に並ぶものが多い。[菊池徹夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のキテの言及

【銛】より

… このような銛が最も発達するのは北太平洋,オホーツク海沿岸域で,オットセイ,クジラなどの海獣猟のために大型のものがつくられ,新しい時代のものは先端に鉄製の刃をはめ込んだ。北海道にもこうした北方漁労の文化が波及し,アイヌの製作した銛頭である〈キテ〉にもその伝統をみることができる。また現在〈突ん棒〉漁といわれているイルカ類,マグロ,カジキ類のような海の表層を遊泳するものを対象とする銛漁法がある。…

※「キテ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キテの関連情報