コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キプシギス族 キプシギスぞくKipsigis; Kipsikis

1件 の用語解説(キプシギス族の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キプシギス族
キプシギスぞく
Kipsigis; Kipsikis

ケニア南西部に住む一民族。言語はパラ=ナイル語系のカレンジン語群に属する。主として牛牧と農業に依存し,ひえ,もろこしに代って現在はとうもろこしの生産が中心となっている。元来は牛牧民であったことが彼らの歴史伝承から明らかであり,牛は儀礼のなかで現在も重要な役割を与えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のキプシギス族の言及

【ケニア】より

…パラ・ナイル語系の牧畜民は中央の乾燥地帯に居住するが,その代表は伝統的な文化を保持するマサイ族(37万)である。ほかにリフト・バレー近くの高原地帯にはキプシギス族,ナンディ族,ポコット族,マラクウェット族,トゥゲン族などがいるが,彼らは〈カレンジンKalenjin〉という比較的新しい集合的アイデンティティを持つにいたり,国勢調査でも同一カテゴリーに含められる。カレンジンの人口は246万である。…

※「キプシギス族」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone